プログラム内容


 


 

Attention
自己防衛への欲求が強い方へはカードやボードゲーム等のツールも用いて、言語やダイレクトコミュニケーションだけではなく非言語、間接的なアプローチで無理強いする事なく、溶け込んでいただけます。
Interest
特定の対象物に強く惹かれています。その対象物を探すことが第一段階です。対象物を共有できる状況をつくります。たくさん会話し、出来たことを具体的に褒めて自信をつけていただきます。
Desire
共有ができると更に一緒に共有したくなり、特定な物や人にこだわりも出てくるでしょう。職員は他のお友達も誘い、活動を通して触れ合う機会をもうけます。
Memory
利用を通して施設での環境に少しずつ慣れることで感情も安定します。「また、一緒に○○したい!」と思うようになれば、児童から職員、お友達を誘うように促します。
Action
新たなルールや別の遊びを提案・お子様のしたいことの聞き取りを行い、職員、お友達に教えて頂きます。繰り返すことで、その環境に慣れて、安定してきますので次のステージを目指すことができます。
ウィズでの一日の流れ

※地域や事業所によりサービス提供時間の差異がございます。詳しくは「施設一覧ページ」より、お近くのウィズ施設詳細にてご確認下さい。


お迎え

スタッフがご自宅、学校までご都合に合わせてお迎えに上がります。お友達と職員としっかりと挨拶。何事も挨拶から、というウィズの方針です。

ウィズでの利用プランを作成しご提案いたします。内容をご確認頂き問題がなければご同意いただき、契約の運びとなります。


個別プログラム開始

宿題や学習プログラム、生活プログラムなど、学校終了後に「訓練」ではヘトヘトになってしまいますので、遊びやコミュニケーションを通して押しつけない学習を行います。


ティータイム

みんなそろって団らんタイム。社会性を磨く大事な時間でもあります。


集団・グループプログラム開始

プランを基に複数人で取り組みます。 年上、年下、同学年と様々なお友達と交流をします。一つの作品をみんなで作ったり、外出をしたり、沢山の事を学んでいただく時間です。


ご自宅へお送り

到着時、ご家族へスタッフがご様子の報告を致します。細かな事でもご家族からのご意見をたまわり、情報交換の場でもございます。

 

送迎しています




介護の求人


ウィズ加盟募集

問い合わせ